騙された!彼氏が既婚者とは知らずに付き合っていた彼女が慰謝料を請求する方法

「未婚だと思っていたのに奥さんがいたんです!既婚者だと知っていれば付き合ってなかった!!」

相手が結婚しているとは知らずに、お付き合いをして後から既婚者だと発覚するケースは意外と多いです。未婚だと思ったからこそお付き合いをして貴重な時間を費やしたのに、既婚者だったなんて女性からすれば悲劇以外の何物でもありませんよね。

でも大丈夫。その悔しい思いや悲しい気持ちを慰謝料に変えて彼に請求できる可能性があります。今回は、未婚だと思っていた彼氏が既婚者だった場合の慰謝料の請求について詳しくお話しします。

そもそもどうして慰謝料が請求できるのか

慰謝料というと、不倫をして離婚をした時や交通事故で怪我をした時に発生するものというイメージがあります。今回のように「既婚者の彼氏と付き合っていた場合」に慰謝料が発生することは広く知られていません。

でも、条件を満たせば「貞操権侵害」として、彼に慰謝料を請求できる可能性があります。貞操権とは、性的な純潔を誰にも侵害されない権利です。既婚者だとわかっていれば交際して体を許すことはなかったはずだから、貞操権が侵害されたと主張できるのです。

貞操権侵害で慰謝料が請求できるケース

では、具体的に貞操権侵害で慰謝料請求が可能なケースを説明します。貞操権侵害により慰謝料請求が可能なのは、こちらのケースです。

絶対条件:肉体関係があった

慰謝料を請求するためには「肉体関係があったこと」が大前提です。肉体関係がなければ貞操権が侵害されたとは言えませんので、慰謝料の請求は不可能です。手を繋いだりキスをしたり、デートをしたりといった関係であれば慰謝料請求は難しいでしょう。

既婚者であることを隠していた

女性側が、相手が既婚者であることを知らなかった、もしくは「結婚していないよ」と嘘を続き続けていた場合は、慰謝料を請求できる可能性があります。

結婚するつもりがないのに結婚を前提に交際をしていた

彼が未婚者でも既婚者でも、結婚の意思が全くないのに「近い将来結婚しよう」と嘘をついた場合は、貞操権侵害による慰謝料が請求できる可能性があります。

女性が未成年で状況を判断できていなかった

女性側が未成年で、相手の事情をうまく判断できず、未婚だと考えていた場合も慰謝料の請求が可能です。

相手が既婚者でも慰謝料請求が難しいケース

次に、相手が既婚者でも慰謝料請求が難しいケースを説明します。

肉体関係がなかった

相手とはプラトニックな関係で、性交渉を持つに至らなかった場合は貞操権が侵害されていませんので、慰謝料の請求はできません。

相手が既婚者であることを知りながら付き合っていた

付き合った当初から既婚者であることを知っていた場合は、自分でわかった上で関係を結んだため、貞操権が侵害されているとはいえず、慰謝料請求はできません。ただし、既婚者でありながら「妻との関係は破綻していて、別居している。将来は結婚しよう」などと嘘を重ねていた場合は請求できる可能性はゼロではありません。

相手の氏名や連絡先などがわからない

既婚者の男性は、未婚女性と付き合う際はトラブルを避けるために嘘の住所や名前を告げている可能性があります。主に使っていた連絡手段を遮断されてしまうと、女性側からは2度と連絡を取ることができず、物理的に慰謝料の請求が難しくなります。ただし、電話番号がわかれば弁護士に依頼すると、氏名や連絡先がわかるので諦める必要はありません。

貞操権侵害で慰謝料を請求する方法

では次に、貞操権侵害で慰謝料を請求する手順を解説しますね。いきなり「慰謝料を支払って!」と請求しても成功しませんので、しっかりと準備してから請求しましょう。

肉体関係があったこと、既婚者だと知らなかったことの証拠を集める

貞操権侵害で慰謝料を請求するためには、証拠が必要です。彼が独身だと嘘をついていたメールやLINEのスクリーンショット、そして体の関係があったことを示す証拠です。

慰謝料を請求した際に、相手から「双方割り切った関係だった」、「実は肉体関係はなかった」などと言い逃れされてしまえば、証拠がなければ慰謝料の請求はできません。裁判になった場合は、慰謝料を請求する側が、「貞操権侵害」があったことを立証しなければならないので、相手に証拠を隠される前に、証拠を確保しておきましょう。

まだ関係が続いているのであれば、相手の本名や住所、勤務先などがわかる情報を確保しておいてください。どうしてもわからない場合は、相手の携帯番号がわかれば、弁護士に依頼すれば携帯電話会社に氏名や住所などを問い合わせることができます。相手の連絡先がわからない場合は、まずは弁護士に相談しましょう。

相手に内容証明郵便を送付する

証拠を確保して相手の連絡先がわかったら、慰謝料を請求する旨を記載した内容証明郵便を送付します。内容証明郵便とは、郵便局が、「いつ誰にどんな内容を送ったか」を記録する郵便です。内容証明郵便を送ることで、慰謝料請求の時効のカウントを停止することができますし、相手に心理的プレッシャーを与えることができます。

ただし、貞操権侵害の慰謝料を請求する場合には、「相手の妻に不倫行為がバレる」というデメリットもあります。彼の自宅に内容証明郵便を送付して、それを妻が見てしまうと、あなたとの不倫行為を知り、逆にあなたに慰謝料を請求してくる可能性があるからです。本人限定受取郵便にしておけば、本人以外が受け取ることはできませんが、同居している場合は絶対に妻の目に触れないとは限りません。

原則として、彼が結婚していたことを知らなければ、慰謝料を支払う必要がないとされていますが、訴訟などの事態に発展する可能性もあります。相手に内容証明郵便を送付する際は、弁護士などの専門家に相談して、適切なタイミングを見極めることが大切です。

また、内容証明郵便には、支払いを強制したり財産を差し押さえたりする力はありませんので、内容証明を送ったからといって必ず慰謝料が支払われる訳ではありません。「内容証明の送付は相手への宣戦布告」と考えておくとよいでしょう。

相手と直接交渉する

相手に直接慰謝料を請求することもできますが、おすすめはできません。彼とは一時は恋愛感情を持ち交際していたはずなので、冷静に交渉することが難しく、優しい言葉や謝罪の言葉に流されてしまうことが少なくありません。

また恋愛感情のもつれは、暴力沙汰に発展しやすく身に危険が生じる可能性があるため、一対一で交渉すること、会うことは避けてください。どうしても直接交渉したいなら、第三者の目が多いファミリーレストランやカフェなどで交渉に臨みましょう。その場で、交渉が成功した時のために示談書を用意しておくと良いでしょう。

弁護士に交渉を依頼する

これまで、慰謝料の請求方法をお話ししてきましたが、ぶっちゃけ最初から弁護士に丸投げするのがベストです。既婚者であることを隠して交際する男性の多くは身分を偽っていることが少なくありませんので、請求するために必要な氏名や連絡先を知ることすらできないケースが非常に多いんです。

何よりも、既婚者への貞操権侵害の慰謝料請求は「逆に慰謝料を請求される」という返り討ちに遭う危険性があるため、タイミングと交渉が非常に難しいものです。方法やタイミングを見誤ると、慰謝料請求どころか慰謝料支払う立場になる可能性がある諸刃の刃。だから、泥仕合になる前に、弁護士に相談して交渉を一任して、トラブルから一歩身を引きましょう。

貞操権侵害の慰謝料の相場

貞操権侵害の慰謝料の相場は100万円から300万円です。慰謝料は、付き合い始めるきっかけや付き合っていた期間、嘘のないようや妊娠の有無などの状況に応じて決定します。裁判になった場合は100万円から300万円が相場ですが、裁判ではなく直接交渉する場合は、相場を超えた慰謝料を請求することも不可能ではありません。

まとめ

既婚者に、「結婚していない」と言われて騙されて付き合っていた場合は、貞操権侵害による慰謝料請求が可能です。ただし、貞操権侵害の慰謝料請求は自分で交渉すると、相手の妻から慰謝料を請求されかねないリスクがあります。状況に応じて適切に対応する必要がありますので、ご自身の状況を弁護士に相談してから請求しましょう。

当事務所では、平日だけでなく土日の相談も受け付けておりますし、電話は午後9時まで対応いたしますので、お気軽にご連絡ください

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー