弁護士費用

弁護士費用は、主に着手金と成功報酬から成り立ちます。

着手金は、事件ご依頼時にお支払いいただくものです。
成功報酬は、事件終結時に成果に応じてお支払いいただくものです。

すべて別途消費税がかかります。

項目 費用・内容説明
相談料 初回1時間まで法律相談無料。
ただし、離婚、不貞慰謝料、婚約破棄の場合に限ります。
それ以降は30分ごとに5,000円(税別)。
離婚(財産分与・慰謝料・養育費・親権などの問題を含む) <着手金>
・交渉:19万円
・調停:29万円(※1)
・訴訟:44万円(※2)

※1
交渉から調停に移行する場合、別途調停の着手金29万円がかかるわけではなく、追加着手金として10万円をお支払いただく運用としています。

※2
調停から訴訟に移行する場合、別途調停の着手金44万円がかかるわけではなく、追加着手金として15万円をお支払いただく運用としています。

<成功報酬>
・離婚成立時に10万〜30万円(※3)
・経済的利益の5%〜16%(※4)

※3
離婚すること自体に対する当事者間の争いの有無・程度によって異なるので、このように幅を持たせた記載とさせていただいております。面談にて詳しいご事情をお伺いした上で個別に設定させていただいております。

※4
経済的利益の金額によって異なるので、このように幅を持たせた記載とさせていただいております。面談にて詳しいご事情をお伺いした上で個別に設定させていただいております。

慰謝料請求(請求する側) ◾️請求する側
<着手金>
無料(0円、完全成功報酬)

<成功報酬>
20万円+回収金額の16%
ただし、「損にならない保証」あり

当事務所では、顧客が弁護士費用の払い損にならないよう、安心してご依頼いただくために、着手金を無料にする形でご依頼いただいております。
また、成功報酬は回収に成功して入金された金額からいただいております(完全成功報酬)。
さらに、依頼者様が損をしないように、万が一成功報酬が獲得金額を上回った場合、成功報酬を回収金額まで減額させていただきます(損にならない保証)。

◾️上記費用体系が適用になるには、一定の条件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

慰謝料被請求(請求されている側) ◾️請求されている側
<着手金>
15万円
ただし、「損にならない保証」あり

<成功報酬>
5万円+減額に成功した金額の16%
ただし、「損にならない保証」あり

当事務所では、弁護士に依頼したことによってクライアント様に損が生じないよう、安心してご依頼いただくために、万が一着手金と成功報酬の合計金額(弁護士費用)が減額に成功した金額を上回った場合、弁護士費用を減額に成功した額まで減額させていただきます(損にならない保証)。

備考欄 当事務所は、クライアント様に弁護士費用の払い損を生じさせないように費用体系を工夫しております。
クライアント様の個別の事情に合わせてお見積もりをお出しすることもできますので、お気軽にお問い合わせください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー