男女問題の解決を弁護士に依頼するメリット

1 2つのメリット

男女問題という場合には、必ずしも離婚問題だけを指すわけではありませんが、不倫・浮気、慰謝料請求といった非日常的なキーワードが飛び交う問題に巻き込まれている場合が少なくありません。

このような事態に置かれている当事者の方が弁護士を依頼するメリットは主に2つあります。1つは、専門的なアドバイスが受けられること、もう1つは、自身の負担をへらすことができることです。

 

2 専門的なアドバイスについて

男女問題に限らずですが、トラブルに陥った場合に、人は決断することが求められます。よりよい決断をするためには、一時的な感情に流されるのではなく、正確な判断材料に基づくほうが望ましいといえます。

弁護士に依頼すれば、慰謝料請求ができるのかできないのか、できるとしていくらくらいになりそうなのか、といった問題について見通しを聞くことができます。何もわからないまま感情で判断するのではなく、相手の出方を予想したり、最終的に裁判になった場合にはどうなりそうかといった様々なことを想定しながら判断することが可能となります。

 

3 負担の軽減について

たとえば、離婚について応じる、応じないといった結論だけを伝える場合、当事者の方が直接伝えたとしても、あるいは弁護士を通じたとしても、伝える内容が同じであれば結果としては何も変わらないかもしれません。

ただ、男女問題のように感情が入り組む事件の場合には、相手の顔も見たくないという気持ちに至っている場合も少なくありません。そのような場合には、相手の顔を見ることや、相手と直接連絡をとること自体が精神的な負担となってしまいます。

弁護士に依頼すれば、このような負担を除去することが可能となります。

また、弁護士に依頼することになれば、弁護士に対してその問題について様々な相談をすることが可能となります。

男女問題は、不倫のように友人や家族には相談しにくい事項もあり、そのような問題を抱えている場合は誰にも相談できずに困ってしまうこともありますが、弁護士に依頼することで少なくとも自分の気持ちを話すことができ、精神的な負担が軽減されることになります。

さらに、調停や裁判といった手続の場合は、裁判所に提出する書類が必要となることも多く、また、裁判所に実際に出頭することが必要にもなります。これらについては、弁護士に依頼することで、大部分を弁護士に任せてしまい、自身では対応しなくてもよくなります。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー