男女問題解決の流れ

まずはご相談ください。

その後、受任に至った場合、先方と協議を開始します。

離婚そのもの、慰謝料、財産分与、親権、養育費など、様々な問題について取り決めを行います。

交渉が上手くいかない場合、または調停を起こした方が良いと判断した場合は、調停の申立てを行います。
この際、別居していた場合には婚姻費用の支払いも求めることがあります。

調停を起こすと、期日が設定されるので、弁護士同行のもと裁判所へ赴きます。

その中で調停員を介して相手方と話し合いを行います。

大抵はここでまとまるのですが、それでも話し合いがうまくいかなかった場合には、審判が下されます。その内容に納得ができなかった場合、訴訟手続に移行することがなるのですが、ここまでいくケースはかなり稀だとお考えください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー