慰謝料

■慰謝料

婚姻関係が破綻したことについて責任のある相手方に対しては、離婚に伴う慰謝料を請求することができます。婚姻関係を破綻させる事由によって精神的苦痛を味わったことに対する金銭的な賠償が慰謝料ということになります。

慰謝料請求の可否、その適正な金額などは具体的な事情によって大きく異なります。

 

■不倫相手が慰謝すべき義務

夫婦の一方の配偶者と肉体関係をもった第三者は、故意または過失がある限り、他方の配偶者が被った精神的苦痛を慰謝すべき義務があります。

不倫の当事者である両者の関係が、不倫相手が配偶者を誘惑するなどして肉体関係をもつに至らせたなどと、不倫相手の方に非があるといえるかどうかは関係ありません。

たとえば夫が浮気をした場合、妻のある男性と知りつつ、その男性と肉体関係をもった女性に対し、妻は慰謝料の請求ができる可能性があります。浮気相手の女性が男性を誘惑していることが必要になるわけではありません。

ただし、配偶者が不倫相手と肉体関係をもつ前に、夫婦関係が破綻していた場合には、慰謝料が請求できない可能性があります。

また、不倫した配偶者から十分な慰謝料を受領している場合(すでに、浮気をした夫から妻が慰謝料の支払いを受けているような場合)、不倫相手から不倫を理由とした慰謝料を重ねて受領することはできません。

ただし、浮気をした配偶者からの慰謝料の支払いがあったとしても、その金額が精神的苦痛に対して十分とは言えない場合は、足りない分については浮気相手に請求することも可能です。

 

■不倫慰謝料の相場

慰謝料の金額は、数十万円~数百万円と金額に大きなばらつきがあります。

不貞行為の期間・不倫相手の関与の程度・不貞行為以外の離婚原因の有無等、個別的事情な立証の仕方によって大きく金額が異なってきます。

また、不貞行為は密室で行われることが多く、不貞行為の証拠を個人で収集するには限界があります。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー